悪性高血圧症・慢性腎不全 障害厚生年金 認定日請求<腎疾患>

2018/11/12 公開 腎疾患

悪性高血圧症・慢性腎不全 障害厚生年金 認定日請求<腎疾患>

相談者
男性・40代後半・広島
後遺障害等級
障害厚生年金2級

受給事例

性別・・・・男性

年齢・・・・40代後半

地域・・・・広島

傷病名・・・悪性高血圧症・慢性腎不全

初診日・・・平成22年〇月〇日

障害等級・・・等級2級15号

コメント・・・慢性腎不全として人工透析開始となっ事で障害年金の受給が可能かどうかとの事でご家族より相談を受け受任となった。これまでの経緯をお伺いしたところ、平成22年頃悪性高血圧症で治療開始し腎機能の低下が認められたが、人工透析には至らず投薬で安定していたが、症状が悪化し障害年金の請求をした結果、裁定請求時は認定日不支給、現症時2級の結果であった。悪性高血圧症が原因で腎不全となった場合、認定日から認められるべきであり審査請求を行った。結果、認定日から5年遡及で2級が認められた

一覧へ

無料相談で不安を安心へ

無料相談
ご予約はこちら
電話からでも
082-207-3203
インターネットからでも
予約する