うつ病 障害共済年金2級(障害認定日3年遡及) <精神の障害>

2015/10/31 公開 精神

うつ病 障害共済年金2級(障害認定日3年遡及) <精神の障害>

相談者
女性・40代後半・広島県
後遺障害等級
障害共済年金2級

受給事例

性別・・・・・女性
年齢・・・・・40代後半

地域・・・・・広島県
傷病名・・・・うつ病
障害の状態・・抑うつ状態(思考・運動停止、憂うつ気分、希死念慮、その他(気力低下、易疲労感、罪責感))
初診日・・・・平成23年○月○日
日常生活状況・日常生活にも家族の多大な援助が必要であり、労働能力は無い
障害等級・・・等級2級16号(障害共済年金2級:障害認定日請求3年分遡及)
コ メント・・・職場のパワハラ等が誘因となり、仕事を継続する事ができなくなったため休職を相当期間した後、職場復帰を短時間勤務にて果たす事ができた。しかし、その後症状が再び悪化したため止む無く退職。

その後も症状が悪化し、人前に出ると震えが止まらず一日の大半を自宅で過ごしている。

症状を加味すると障害認定日時点で障害共済年金2級相応であると推測されたが、事前認定審査の結果は障害認定日3級という連絡であった。その後、共済組合と○○があり、審査をしなおしていただき、障害認定日2級が確定した。

一覧へ

無料相談で不安を安心へ

無料相談
ご予約はこちら
電話からでも
082-207-3203
インターネットからでも
予約する