うつ病 障害厚生年金 事後重症請求 <精神疾患>

2022/08/01 公開 精神

うつ病 障害厚生年金 事後重症請求 <精神疾患>

相談者
男性・50代・広島県
後遺障害等級
障害厚生年金2級

受給事例

性別・・・・・・男性
年齢・・・・・・50代
地域・・・・・・広島県広島市
初診日・・・・・平成25年頃
障害等級・・・・障害等級2級

就労環境からうつ病となった方よりご相談をいただきました。
大学卒業後からずっと一つの会社で一生懸命働いていましたが
就労先での度重なるパワーハラスメントに耐え兼ね、就労中に強いストレスを抱え、脳梗塞を起こしてしまいました。
嚥下障害や、顔面麻痺、歩きにくいなどの後遺症を抱えることとなりました。
そういった体の動かしにくさなどで職場復帰を断られ、強制的に辞職に追い込まれ精神的に著しく不調を来たしてしまいました。
障害年金の相談に来られた時は、仕事を辞めたばかりであったことと、まだ通院を初めたばかりであった為、すぐに障害年金の申請が行えない状況でした。
障害年金は初診日から1年6ヶ月経過しなければ申請を行うことが出来ません。
その為、まずは会社を退職したことに対して申請をすることが出来る失業給付を受けてから、その後に障害年金の申請を行う事にしました。
失業給付を受ける間も、なんとか就労に復帰できるよう訓練に通ったりしてみたのですが、精神的な病状はどんどんと悪化していきました。
最終的にはうつ状態が悪化して寝込んでしまい、お風呂も入れなくなることもあれば、突然活動的になって家の周りを夜中に裸足で徘徊したりするようになりました。
家の中は荒れ放題で、床にはたくさんの砂があったり、室内で暴れて蛍光灯を割ってしまっているような状況でした。
その為、失業給付受給後も就労に復帰できるような状況でないと判断され、障害年金の申請を先生からも進められました。
ご本人様の感情が不安定で、体調を崩しやすい為、体調に合わせて30分ほどの短い時間で複数回の面談を行い、障害年金の申請を行いました。
ソシオノームでは、障害年金の申請が今すぐできない場合など、現在のご状況に合わせて、他に利用できるような制度が無いかどうかも、無料相談で一緒にご相談を承ることが出来ますので、不安なことがありましたら、ぜひ一度無料相談へお越しください。

一覧へ

無料相談で不安を安心へ

無料相談
ご予約はこちら
電話からでも
0120-923-332
インターネットからでも
予約する