統合失調症 障害基礎年金2級 <精神の障害>

統合失調症 障害基礎年金2級 <精神の障害>

相談者
男性・20代・広島県
後遺障害等級
障害基礎年金2級

受給事例

性別・・・・・男性
年齢・・・・・20代後半

地域・・・・・広島県

依頼に至った経緯・・・就労移行支援事業所において実施したセミナー後に依頼
傷病名・・・・統合失調症
傷病の原因・・不明
障害の状態・・抑うつ状態(憂うつ気分・希死念慮)、幻覚妄想状態等(幻覚・させられ体験・著しい奇異な行為)、精神運動興奮状態及び混迷の状態(自傷)
初診日・・・・平成19年○月○日確定
日常生活状況・病的症状の安定化が不十分でありすぐに就労するのは困難である
障害等級・・・等級2級16号
コ メント・・ご家族が一度申請をするものの不支給決定を受けていた。その後、当事務所が開催したセミナー受講後、障害年金の受給は難しいか相談があり、内容を伺い過去に申請した書類を拝見したところ、申請の価値はあると判断し、受任となった。本人は自立したい思いが強く就労移行支援事業所を利用していたが、自傷行為が激しく何度も自殺未遂を行うなどしている。再請求を行い、無事障害基礎年金2級の受給権を得た。

一覧へ

無料相談で不安を安心へ

無料相談
ご予約はこちら
電話からでも
082-207-3203
インターネットからでも
予約する