統合失調症 障害基礎年金2級(障害認定日2年遡及) <精神の障害>

2015/03/01 公開 精神

統合失調症 障害基礎年金2級(障害認定日2年遡及) <精神の障害>

相談者
女性・30代前半・広島県
後遺障害等級
障害基礎年金2級

受給事例

性別・・・・・女性
年齢・・・・・30代前半

地域・・・・・広島県
傷病名・・・・統合失調症
傷病の原因・・夫婦の不和など?(医師診断書抜粋)
障害の状態・・抑うつ状態(刺激性、興奮・憂うつ気分)幻覚妄想状態等(妄想、思考形式の障害)分裂病等残遺状態(自閉・意欲の減退)
初診日・・・・平成19年○月○日確定
日常生活状況・日常生活にも多大な援助を必要とし、労働能力無し
障害等級・・・等級2級16号(障害基礎年金2級:障害認定日請求2年分遡及)
コ メント・・・結婚生活が上手くいかず、喧嘩をする毎日が続き、しだいにイライラ感、自傷行為、妄想幻覚等が発生し、拒食や過食がひどい状態となった。現在は再婚しているが、自殺未遂をたびたび起こすなど、目が離せないため、母と夫が交代しながら、突発的な行動を起こさないように監視しているような状態であった。初診日の問題は無く、障害認定日の症状のレベルは障害等級2級相当、現在の症状は障害等級2,3級のいずれかのレベルであると推測された。一時期に比べ、症状が比較的落ち着いているため、やや気がかりであるという事で、当事務所に依頼となった。

一覧へ

無料相談で不安を安心へ

無料相談
ご予約はこちら
電話からでも
082-207-3203
インターネットからでも
予約する