視野障害に関する障害認定基準変更

2015/02/14更新

平成25年6月1日より、視野障害の障害年金認定基準が変更となっています。

視野障害認定基準変更内容

改正前

両眼の視野が5度以内(I/2視標)

改正後

①両眼の視野が10度以内(I/4視標)

②中心10度以内の8方向の残存視野のそれぞれの角度の合計が56度以下(I/2視標)

改正後に①②が追加されました。現在認定されている等級から上位等級に認定される可能性がありますので、現在眼の障害をお持ちの方でご相談したい方は、お電話又はメールにてお問い合わせください。

E-mail info@socio-sr.com

℡ 082-555-5888

無料相談で不安を安心へ

無料相談
ご予約はこちら
電話からでも
082-207-3203
インターネットからでも
予約する