双極性感情障害 障害厚生年金2級 認定日請求

2021/09/30 公開 精神

双極性感情障害 障害厚生年金2級 認定日請求

相談者
女性・60代・広島県
後遺障害等級
障害厚生年金2級

受給事例

双極性感情障害 障害厚生年金 認定日(遡及)請求

性別・・・・・女性
年齢・・・・・60代
地域・・・・・広島県広島市
初診日・・・・平成20年頃
障害等級・・・2級16号

コメント・・・医療福祉関係者からの紹介によりご相談いただきました。
10年以上前から体調不良が続き、家族から多くの援助を受けられていたことから家族に迷惑がかかっていることに負い目を感じることで体調が悪化していらっしゃいました。体調悪化により外出困難なため、ご自宅にお伺いし、お子様の付き添いのもとヒアリングをさせて頂きました。

初診日は10年以上前であったが、カルテは残っておりました。
初診日から数年間同じ病院での通院歴があったことから障害認定日(初診日から1年6か月時点)の診断書の取得もできました。
しかし、当時の様子(状況や状態)が医師に伝わっておらず、本人様やご家族様からの聞き取りの内容と相違点があり、認定日時点の等級は障害厚生年金3級の決定でした。

現在の医療機関での診断書では、現在の状況が適切に伝わるために弊社で詳しく状況をまとめさせて頂き、医師にお伝えをさせて頂いたところ事後重症請求では障害厚生年金2級の結果となりました。

障害認定日では、障害厚生年金3級(5年遡及)事後重症では、障害厚生年金2級の受給が決定しました。

ご本人様も過去の状態が伝わっていいないことを悔やまれておりましたが、過去の情報を上書き修正することが難しいため、様々な感情があると思いますが、適切治療を受けられるためにも適切な情報を医師にお伝えされることをお勧めいたします。

一覧へ

無料相談で不安を安心へ

無料相談
ご予約はこちら
電話からでも
0120-923-332
インターネットからでも
予約する