統合失調症 障害基礎年金1級 事後重症請求 <精神疾患>

2021/10/01 公開 精神

統合失調症 障害基礎年金1級 事後重症請求 <精神疾患>

相談者
女性・30代・広島県
後遺障害等級
障害基礎年金1級

受給事例

統合失調症 障害基礎年金 事後重症請求

性別・・・・・・女性
年齢・・・・・・30代
地域・・・・・・安芸高田市
初診日・・・・・平成14年10月頃
障害等級・・・・障害等級1級10号

コメント・・・・高校生の頃より授業中に反応が乏しく、板書もしなくなった。
テストの成績もよかったが、突然点数も低くなるなど、学校生活をうまく送れなくなった事をきっかけに病状がどんどん悪化し、荒廃状態となってしまった方のご両親からご相談を受け、請求のお手伝いをさせていただきました。
ご本人様は統合失調症の診断を受けており、意思の疎通が取れず、自宅などからも突然いなくなって徘徊するなど大変重たい病状の為、主にお父様を通じてやり取りを行いました。
初診日から現在まで、同じ病院へ通院をしていましたが、通院できないほど病気の状態が重たい時もあったという事で、病状の経過をまとめた病歴就労状況等申立書を一度病院に確認していただき、通院時の様子や、病院に来た時期、通院が出来なかった時期などを詳しく教えていただきました。
その結果、診断書も作成いただくことが出来、障害年金の1級が認められました。
本人が病状が重く、意思の疎通が困難な場合には、ご両親の方とお話をしながら進めて行く事も出来ます。

一覧へ

無料相談で不安を安心へ

無料相談
ご予約はこちら
電話からでも
0120-923-332
インターネットからでも
予約する