双極性感情障害・注意欠陥多動性障害 障害厚生(共済)年金3級 <精神疾患>

2020/06/10 公開 精神

双極性感情障害・注意欠陥多動性障害 障害厚生(共済)年金3級 <精神疾患>

相談者
女性・40代前半・広島県広島市
後遺障害等級
障害厚生(共済)年金

受給事例

性別・・・・・女性

年齢・・・・・40代前半

地域・・・・・広島県広島市

初診日・・・・平成20年○月○日

障害等級・・・等級3級

コメント・・・主治医より紹介にて受任。現在は一般雇用にて時短勤務(週5日)で就労をしているが、就労時は周囲の援助なしでは非常に難しく職場では多くの配慮をしていただいている状態である。

注意欠如により車では自損事故を繰り返し主治医より車の運転をやめるよう指示されることや物忘れが酷く予定を忘れる事が多く手帳を使用して管理をしても整理ができず分からないくなる等私生活でも多くの制限をうけている状態であった。

初回面談はご自宅へ訪問し面談を行うも、面談中は横にならなければ面談ができない状態で症状は非常に不安定であった。障害等級3級は確実な状態であると判断し手続きを進め、障害厚生(共済)年金3級の受給が認められた。

一覧へ

無料相談で不安を安心へ

無料相談
ご予約はこちら
電話からでも
082-207-3203
インターネットからでも
予約する