網膜色素変性症 障害厚生年金2級 <眼の障害>

2016/12/07 公開

網膜色素変性症 障害厚生年金2級 <眼の障害>

相談者
男性・50代前半・広島県
後遺障害等級
障害厚生年金2級

受給事例

性別・・・・・男性
年齢・・・・・50代前半

地域・・・・・広島県
傷病名・・・・網膜色素変性症
傷病の原因・・不詳
障害の状態・・視力(裸眼右眼0.1左眼0.08 矯正右眼0.9 矯正左眼0.7)中心視野の角度(右32度 左9度)
初診日・・・・平成9年○年○日確定
日常生活状況・求心性視野狭窄著明であり、日常生活が著しい制限を受ける
障害等級・・・等級2級15号(障害厚生年金2級)
コ メント・・・初診時の病院にはカルテが残っておらず、一度きりの受診であったが受付簿のみ存在しており病名と発病日、初診日のみわかる状態であったため、初診日の認定に不安が残ったが、補強資料をそろえることで初診日の問題はクリアされた。障害状態は、身体障碍者手帳2級を保持していたため、不安視していなかった。無事、障害厚生年金2級の受給権を得た。

一覧へ

無料相談で不安を安心へ

無料相談
ご予約はこちら
電話からでも
082-207-3203
インターネットからでも
予約する