統合失調症 障害基礎年金2級 <精神の障害>

統合失調症 障害基礎年金2級 <精神の障害>

相談者
女性・20代後半・山口県
後遺障害等級
障害基礎年金2級

受給事例

性別・・・・・女性
年齢・・・・・20代後半

地域・・・・・山口県
傷病名・・・・統合失調症
傷病の原因・・不明
障害の状態・・統合失調症等残遺状態(自閉・感情の平板化・意欲の減退)
初診日・・・・平成10年○月○日確定
日常生活状況・就労能力なし
障害等級・・・等級2級16号
コ メント・・・ご家族が障害年金の申請、不支給となり不服申し立て希望にて受任となった。不服申し立てする上で、容認される可能性が乏しい旨伝え、再請求することとなった。その後、再請求したが再度の不支給、審査請求、再審査請求と争い結果的に棄却された。今でも容認される事案であったと考えている。障害年金の申請を諦めるか否かの選択をご本人とご家族に相談すると、ここまでの症状がありながら受給できないのはおかしいという思いもあったのだと思うが、再度挑戦したいという事であったので、2回目の再請求を受任し、無事障害基礎年金2級の受給に至った。当初の依頼から2年間という長い期間がかかったが無事容認に至ったという思い出深い案件であった。

一覧へ

無料相談で不安を安心へ

無料相談
ご予約はこちら
電話からでも
082-207-3203
インターネットからでも
予約する