うつ病 障害厚生年金3級 <精神の障害>

2014/12/31 公開 精神

うつ病 障害厚生年金3級 <精神の障害>

相談者
女性・40代前半・広島県
後遺障害等級
障害厚生年金3級

受給事例

性別・・・・・女性
年齢・・・・・40代前半

地域・・・・・広島県
傷病名・・・・うつ病
傷病の原因・・不明
障害の状態・・抑うつ状態(思考運動制止・憂うつ気分)
初診日・・・・平成17年○月○日確定
日常生活状況・労働能力はない。日常生活には多大な援助が必要
障害等級・・・等級3級13号(障害厚生年金3級:事後重症)
コ メント・・・生活上のトラブルにより過呼吸や倦怠感が発生し、仕事は退職した。母親の介護や、離婚等もありストレスが増加し、強い倦怠感が現れ時に人格が変わったり記憶が無くなったりなどといった症状が発生する。病院へ行く以外はテレビの前でボーっとして過ごすことが多い。といった症状であった。争点は2級の受給が可能かどうかであったが、結果は3級に留まった。当事務所としては、不服申し立てで2級を争う事も提案したが、3級でももらえるだけありがたく、これ以上国のお世話になるのは気が引けるとのことであったので、不服申し立ては行わなかった。

一覧へ

無料相談で不安を安心へ

無料相談
ご予約はこちら
電話からでも
082-207-3203
インターネットからでも
予約する