慢性腎不全 事後重症 障害厚生年金2級

性別・・・女性

年齢・・・50代前半

地域・・・広島

傷病名・・・慢性腎不全

障害の状態・・・人工透析

初診日・・・平成4年〇月〇日

日常生活状況・・・透析療法を継続して行えば軽労のみ可能

障害等級・・・第2級15号

コメント・・・人工透析療法を行っている方については、障害等級2級は確定しており、途中までご自身で手続きを進められておりましたが、病歴就労状況等申立書の記入に苦戦されたとの事で相談に来られました。初診から現在までの細かいヒアリングをしたところ、自身で取得された初診日よりも前に初診日を迎えられており、かつ、初診日時点では厚生年金に加入されていた期間であった為、障害厚生年金2級の受給権を取得した。

慢性腎不全 事後重症 障害厚生年金2級 <腎疾患による障害>

性別・・・・・男性
年齢・・・・・50代後半

地域・・・・・広島県
傷病名・・・・慢性腎不全
傷病の原因・・高血圧症
障害の状態・・浮腫、尿毒症症状、貧血、神経症状、消化器症状、悪心、食欲不振、頭痛、人工透析(CAPD):平成23年○月○日施行、1日4回交換
初診日・・・・平成7年○月○日確定
日常生活状況・今後、将来にわたり永続的な血液浄化両方が必要であり、改善は見込めない
障害等級・・・等級2級15号(障害厚生年金2級:事後重症)
コ メント・・・初診時のクリニックにおいてはカルテが残存しておらず、初診の証明が困難かと思われたが、傷病手当金支給申請書の控えを代替書類として提出し認められた。症状については、透析を実施していたため、障害等級2級は確実であったが、初診の証明に苦労させられる案件が慢性腎不全には多い。無事、障害厚生年金2級の受給権を得た。

慢性腎不全 事後重症 障害厚生年金2級 <腎疾患による障害>

性別・・・・・男性
年齢・・・・・40代後半

地域・・・・・広島県
傷病名・・・・慢性腎不全
傷病の原因・・I糖尿病
障害の状態・・浮腫、貧血、人工透析(血液透析):平成22年○月○日施行、人工透析実施状況:週3回、1日4時間
初診日・・・・平成19年○月○日確定
日常生活状況・人工透析に多くの時間を要し、日常生活及び労働に著しい支障がある。
障害等級・・・等級2級15号(障害厚生年金2級:事後重症)
コ メント・・・人工透析療法を行っている方については、身体障害者手帳の等級は1級であるが障害年金の等級では2級確定である。しかし、糖尿の指摘を相当以前から受けているケースの場合は、初診時のカルテが破棄されていることが多く、そのような場合は社会的治癒の主張若しくはカルテ以外の方法で初診日を証明することが必要となる。しかし、今回のケースは糖尿病網膜症を発症した事が初診日となり、無事障害年金2級の受給権を得た。

慢性腎不全 障害厚生年金2級 <腎疾患による障害>

性別・・・・・男性
年齢・・・・・30代後半

地域・・・・・広島県
傷病名・・・・慢性腎不全
傷病の原因・・IgA腎症
障害の状態・・食欲不振、悪心、尿毒症症状、アチドージス、貧血、腎不全に基づく消化器異常、人工透析:平成24年○月○日施行
初診日・・・・平成16年○月○日確定
日常生活状況・人工透析を継続して行えば軽作業は可能。
障害等級・・・等級2級15号(障害厚生年金2級:事後重症)
コメント・・・人工透析療法を行っているため、障害等級は2級が確定的であり、初診日もカルテにより確認できた。しかし。傷病が原因で婚約者の両親から結婚について反対されていた。生計同一申立を行うことで、籍は入れていないが内縁関係にあった妻の加給年金の受給に繋がった。