好酸球性胃腸炎・高度の食物アレルギー・人工甘味アレルギー・気管支喘息 障害基礎年金2級 更新 <その他の障害>

性別・・・・・女性
年齢・・・・・30代前半

地域・・・・・広島県

依頼に至った経緯・・・初回裁定請求時に当事務所が関与し、再度の依頼
傷病名・・・・好酸球性胃腸炎・高度の食物アレルギー
傷病の原因・・食物及び人工甘味料等化学物質
障害の状態・・省略
初診日・・・・平成7年○月○日確定
日常生活状況・慢性的な水溶性下痢が1日10回以上続き、環境によっては予想外のアレルゲンに接し、アナフィラキシーや喘息を起こすため、この事に理解のある職場であれば短時間の軽労務は可能である。ただ、倦怠感が強く軽労務が難しいことが多い。

予後・・・・・継続医療があり、アレルゲンの接触が制限されれば比較的良いが、アナフィラキシーを起こすと死亡するリスクがあります。
障害等級・・・等級2級15号(障害基礎年金2級:更新)
コ メント・・・以前、初回の裁定請求にて当事務所が代行した方からの再依頼、障害年金の更新をご自身で行ったところ、障害等級3級に等級が落ちたため、障害基礎年金を受給することができなくなり、状況に変化がないのに障害年金の受給ができなくなることに納得がいかず、再度の依頼となった。障害等級が2級非該当となった理由は、短時間の軽労務が可能という箇所であると判明し、どのような軽労務が可能なのかを明らかにし、障害等級は現在も引き続き2級であることを審査請求で主張し申請した。すると、保険者から再度審査をした結果、支給停止を取消継続して障害基礎年金2級を継続支給する事となった。診断書上では労務可能と記載があるが労務可能とはどの程度の強度が可能なのかを明確に伝えることが重要であると改めて感じた案件であった。

網膜色素変性症 障害基礎年金 認定日請求 <眼の障害>

性別・・・・・女性

年齢・・・・・40代後半

地域・・・・・広島県

依頼に至った経緯・・・無料相談会後に依頼

傷病名・・・・網膜色素変性症

初診日・・・・平成28年〇月〇日

障害等級・・・等級2級15号

コメント・・・平成28年頃眼の充血の症状で初診したことをきっかけに検査により視野狭窄を認め網膜色素変性症と診断された。医師から障害年金を勧められ無料相談会のご予約を頂き受任となった。主治医の協力を得ながら手続きをすすめ障害基礎年金2級の受給権を取得した。

広汎性発達障害・適応障害 障害基礎年金2級 認定日請求 <精神の障害>

性別・・・・・女性

年齢・・・・・20代前半

地域・・・・・広島県

傷病名・・・・広汎性発達障害・適応障害

初診日・・・・生来

障害等級・・・等級2級16号

コメント・・・ご家族様から月1回の通院は診察時間が5分程度で自発的に発言が難しく医師に症状が伝わっていない事を懸念され相談をうけ受任となった。現在の症状や日常生活状況の細かいヒアリングを行い書類をまとめ医師に依頼した。診断書の内容は少し厳しい内容ではあったが他の書類で細かく補足し請求した結果、障害基礎年金2級の受給権を取得した。

双極性障害 障害基礎年金2級 認定日請求<精神の障害>

性別・・・・・女性

年齢・・・・・30代後半

地域・・・・・広島県

傷病名・・・・双極性障害

初診日・・・・平成14年〇月〇日

障害等級・・・等級2級16号

コメント・・・一度ご自身で手続きを進めるも症状が安定せず3年以上手続きが進まない事から相談を受け受任となった。初回ヒアリング時は障害等級2級相当であると判断し進めていたが、これまで病院を点々としていた事で初診から現在までの医療機関を覚えておらず病歴就労状況等申立書をまとめる事が困難であったが、記憶に残っている医療機関をたどり細かくまとめ、診断書の内容も問題がなかった事から請求した結果、認定日請求(遡及5年)障害等級2級が認められた。

増殖糖尿病網膜症 障害厚生年金1級 事後重症請求 <眼の障害>

性別・・・・・男性

年齢・・・・・40歳前半

地域・・・・・広島県

傷病名・・・・増殖糖尿病網膜症

初診日・・・・平成13年〇年〇月

障害等級・・・等級1級1号

コメント・・・会社の健康診断で糖尿病の診断を受ける何度か医療機関にはかかるも症状がなく食生活の改善等の指摘のみで特に治療を行う事もなく16年が経ち少しずつ視力の低下を認め、糖尿病性網膜症の治療が開始されるようになった。視力低下が著しく障害年金を考え始めたが仕事の関係で何度か転居していた事もあり医療機関の場所を特定する事が困難であった。以前の会社で健康診断の保管がある事をみつけその書類をもとに初診日とした。本来であれば健康診断の結果では初診日としては認められないが、「医学的見地からただちに治療が必要と認められる健診結果である場合については、請求者から健診日を初診日とするよう申立てがあれば、健診日を初診日とし、健診日を証明する資料を求め た上で初診日を認めることができることとする。」とされている為、健診結果を添付し請求した結果、障害等級1級が認められた。